今日の天気もはれ!

考えてること、興味のあることを書いてます。

ホウレンソウと雑用力

うちの部署は変革期に入りました。
まだまだばたつきます。
来月以後どうなることやら~と思いつつ、私のやれることをきっちりこなしていきます。

変革期に入る前から人の流動性が大きい職場ではあるのだけど、
先月からうちで働くようになった人はいわゆるコミュニケーションの苦手なタイプ。
仕事も自己判断で進めるらしく、わからなくてもあまり質問しないそう。

先輩方が優しく言葉をかけても響かないことばかり。
かと思えば体調崩すくらい傷付くことも。
まだまだ新人なので出来なくて当たり前なんだけど、メモを見返さない、同じところを何度も間違える、
間違えたとき謝らないとなると、どうしても周りもフォローしきれないというのはあるよね。

その人がうちで頑張るという意思が見えれば違うかも。
如何せんうちの部署の人は仕事できる人しかいないし、皆で頑張る要素が強いからね。

仕事ができないことが悪いわけじゃなくて、出来なくて困っていることを相談してくれないのが先輩方が不安に思っているとどうか伝わるといいな。
非正規なので切ろうと思えばすぐ切れる訳だけど、何とかしたいと上司や先輩も思っているのでね。
でももう絶対無理なら辞めてもいいと思うけど。


話は変わり、純子さんのこの記事

ameblo.jp

正しくその通りで、雑用こなすって仕事だけでなく人生でも差がついてくると思うんだよね。
私のポジションなんて正にそんな感じなんだけど、暇だし大した仕事をしていないのに感謝してもらえる素敵なポジションです。
寧ろ感謝してくれることに感謝なわけだけど。

沢山助けてもらってるから数少ない出来ることをやってお返し。
つまり、皆のこと大好きだから頑張っちゃうわけです。
(頑張るっていっても無理はしていないどころか私の力の2~3割くらいの肩の力緩みっぱなしな感じで仕事してる。
勿論締めの時間が決まってるので一分一秒でも早く終わらせるとは決めてるけどね)
どんどん効率上がって更に暇になるw
毎日トーラス瞑想日和です。

うん、私変わったなぁ。
協調性の年にちゃんと頑張れてるよ!私やるーぅ♪