読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の天気もはれ!

考えてること、興味のあることを書いてます。

【ネタバレあり】"君の名は"を観てきました

いやぁ、良かったよ!
思っていたよりも良かったよ!!
何故かあまりに泣きすぎて私はなんでこんなにも泣いてるんだwとも思いつつも。

意外にもテレビをみていてずっとずっと観たいと言っていたのは母だったけど、
観た後は私の方がハマってる感じだったな。

RADWIMPS(私のスマホ予測変換でちゃんと出る!!)の曲はどれもよかったですね。
意外にも前前前世は挿入歌でOPでもEDでもないというね。
(使われているシーンで若さ溢れる躍動感とだんだん惹かれていく様がよく伝わってくると思うけど)
でもどの歌も作品と非常に合っていて、RADWIMPSの曲を色々と聴いてみたくなった。
前前前世は言わずもがな、なんでもないやがとてもよくてエンドロール退屈しなかったです。
ボーカルの野田洋次郎さんの声に癒される。

クスッとくるシーンがないからなのか、劇場シーンとしてたけどね。
もう公開から3ヶ月以上経ってるのに半分くらいは埋まるんだから凄いな。


冒頭のすい星のシーンが本当に美しくて、劇場で観る価値が大いにあると認識させてくれる。
冒頭すら既に物語の大きな伏線。

黄昏時が誰そ彼から来ているというくだりも日本語ならではの表現で好き。

意外と入れ替わりノシーンは想定していたよりあっさりめ。
しかも瀧も三葉も楽しんでるし。
あれ、名前わかってんじゃん?と思っていたら糸守町のくだりから一気に流れが変わる。

3年前のすい星落下で糸守町は大きな被害を受けた。
三葉も亡くなっていた。
瀧は三葉を救いたい気持ちで歴史を塗り替えてしまう。
そんな瀧に動かされて三葉が糸守町を救って。

またお互いに名前を忘れてしまうのだけど、8年後に東京で再会。
「君の名は」で終わるのがまたいい。
これからの二人を私たちに想像させる終わり方でした。

というか、全体的に説明のないところは想像させる感じが多かったかな。
頭で考えず心で感じるとそんなに違和感ないかも。
二人の気持ち、好きという気持ちを応援したくなるので意外と頭を働かせず観ることができたんだと思うよ。
まぁ三葉の手に"すきだ"って書いちゃうあたりとか本当にきゅんとするのよ。
誰かを想っていいなぁーって。

一葉おばあちゃんの「結び」や「糸」の話がとても良かった。
組紐も君の名はの重要な伏線のひとつなんだよね。

知恵袋に小説の文を引用して挙げてくれている人がいるけど、映画でもこんな感じだったかも。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13163588388

人との出会いも、今自分がやっていることも、全部繋がっている。
大切な人に出会ったとき、夢を叶えたとき、等々…、ある日それに気が付くんだろうね。
今関わりのある人、以前関わりのあった人、自分が興味を持ったこと、全てが偶然のようで必然なんだね。
そう考えると君の名はが大ヒットして、ロングランしてて今こうして劇場で観られたことは本当に幸せだと思う。
てか私のために待っててくれたのかな!?なーんてねw


一葉おばあちゃんの言葉だけでなく、作品を通じて観ていて、焦りが消えてきた。
たとえ戻っても、途切れても、想いがあれば絶対繋がるよね。
うん、私は今できることをきちんとやろう。
好きを大切に私らしく楽しく生きまーす!


23日はレディースデーが祝日に重なるし安く観るチャンスですよー!
お勧めです(o^∀^o)