読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の天気もはれ!

考えてること、興味のあることを書いてます。

流れって凄いところからきているのね

※スピリチュアルなイメージを持たれているような話が出ますので苦手な方はご容赦ください。



以前純子さんに過去世を見てもらったときにヴェルサイユ宮殿に出入りしていた楽譜立て売りだったと教えてもらいました。
7日の個人セッション時にも、実際に行くのもいいけど、マリー・アントワネット展行ってみたら何か思い出すかもよ?と言われたんです。
あの時代のきらびやかな感じは好きだし、折角だからと直ぐに前売りは買ったんです。

マリー・アントワネット展のサイトに結構画像が載っているんですね。
すっごい軽い気持ちで展示にチェンバロあればいいなとは思っていたんですよ。

http://www.ntv.co.jp/marie/sphone/works/

第一章、一枚目に早速チェンバロがある。
しかもマリーアントワネットが弾いている絵画。
(これはまだウィーンにいる頃のみたいだけど)

マリー・アントワネットは幼いころからシェーンブルン宮殿で行き届いた音楽教育を受けた。最初の先生であったクリストフ・ヴィルバルト・グルック(1714-1787)は当時のもっとも優れた音楽家のひとりである。

http://www.ntv.co.jp/marie/sphone/works/detail01.html

ですって。

何だかよくわからないけど涙止まらなくなっちゃった。
うん、やっぱり会ってたんだな。
というか、マリー・アントワネットが弾くところ見てたんじゃないの、過去世の私。
今年ガイドさんがこれでもかというくらいアピールし始めたのこれだったのかな。
(これでもかというくらいアピールしてたけど過去世知らないと気づけないやつじゃん…というね。)

私がピアノ弾いてるのも実はこういうのに繋がるのかな。
だから離れようとしても離れられなかった。
その当時チェンバロを弾けなかったから、今ピアノ弾きたいと思うのかな。


マリー・アントワネット展のこと教えてもらえて良かったな。
個人セッションで得たもの多すぎてまだまだ消化できないー!!
今日祝日でよかった。勉強もピアノもやるけどじっくり考えよう。


あー早く観たい!
本当は初日に行きたいけど行ったら次の日仕事が手につかなくなる可能性もありそうだからやっぱり土日かな。
その週凄い偶然でGPSスケカナなんだよね。
何か色々繋がってきてて怖いよ~。
私どうなっちゃうんだろう。