今日の天気もはれ!

考えてること、興味のあることを書いてます。

143回簿記2級受けてきました

受験した皆さまお疲れ様でした!
商業の試験範囲改正初回ということと、最近合格率が低いこともあり、前回142回よりは簡単にしてたかなぁという印象でした。
TACの予想大会の動画でも言ってたはずだけど、今回は狙い目だったかもね。
合格率20%に乗るかなぁ。


◆解答速報はこちら◆
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/boki/nissho.html?rk=0100fv3c00cv2t&mc=
http://www.o-hara.ac.jp/best/boki/sokuhou/
http://www.crear-ac.co.jp/boki/kaito/
TACは予想配点あります。


第1問はかなり簡単でしたね。ひねりもなし。
満点とれた方も多いのでは?

第2問はTACの予想通り固定資産来ましたが、解答用紙が独特で一瞬混乱しました。
落ち着いて解ければ難易度は普通~やや難しいだったかな。
固定資産の対策をしていればそこそこ点はとれたと思いますが、0.333のように数字が細かく出る計算が多くてめんどくさかったですね。

第3問も142回のあの独特な感じと比べると拍子抜けするくらい簡単でした。
でも焦っていたのか経常利益の字を間違えたw勿体無い…。

第4問、5問でまさかの差異分析で吹き出しそうになりましたw
私は大半をTACの「あてる」の予想問題ばかりに費やし、少しだけ「無敵」をやっていただけなので、
差異分析問題をきちんと解いたの前回の試験以来というねw
(今回の「あてる」では差異分析全くでなかったもんね。私もCVP分析くると思ってたし、142回で差異分析したからでないと思ってたよw
だからこそ入れたのかもだけど。)
標準から実際を引くというのを試験直前になんとなく眺めていたので助かりました。
難易度としては若干ひねってはいたけど、比較的優しい方だったかなぁ。
因みに第4問は個別原価計算、第5問は標準原価計算に差異分析が絡む問題でした。

私はTACの「143回をあてる TAC直前予想」をメインに使い、「無敵の簿記2級 第143回直前総まとめ」を補助資料として使っていました。
「スッキリわかるスッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版」で新論点の勉強をしました。
工業に関しては弟に譲ってもらった「サクッとうかる日商2級工業簿記テキスト」や問題集を少しだけ使いましたが、
工業は142回の対策ほどは熱心に勉強をせず、殆ど「あてる」と「無敵」のみでやりました。
過去問はやりませんでした。

TACのテキストはかなり役に立ちます。
「あてる」や「無敵」はかなりおすすめですね。
ネットスクールのはなかなか最新版がでないのと問題が簡単なので実際の試験で面食らうイメージがあります。
でも「すいすい」シリーズのように初心者が取っつきやすいテキストが多いですね。
3級はネットスクールの「すいすい」と問題集、過去問のみで受かりましたよ。


自己採点では合格点\(^o^)/
TACの予想配点だと85点でした。まぁ多分平気でしょう。
(追記:無事合格しました!予想配点とは内容が違ったけど85点でした。)
よかったー!!11月までは長すぎてだれちゃいそうだったから。
142回は合格できたらまぐれっぽかったし、改正の部分も学びながらかなり理解できたので
今回合格ならきちんと知識がついたと言えるかな。

勿論知識だけではダメだし、試験勉強の範囲以外も知った方がいいので
これから決算書の読み方をきちんと学んで、今回の試験勉強で得た知識も含めて色んな場所で役に立てようと思います。

さ、これからは遊ぶぞー。
ブログもぼちぼち更新回数増えると思いますのでよろしくお願いします。